エロ動画

オナニー鑑賞
古いアパートに住んでいます。その理由はやはり家賃が安いから。ここに住んでいる人はほとんど学生が多く、夕方は部屋の明かりがない住人が多いので皆んなバイトをしているのかなと思いました。
家賃は安くて凄くいいのですがこのアパートで一つ悩みがあります。それは隣との壁が薄いためテレビの音などが聞こえて来ることです。この前は隣人がエロ動画を観ているのかそんな音が聞こえ少し嫌だった。俺自身はエロ動画を見るほど飢えていないし、彼女もいる。だから彼女がいない周りの住人が可哀想に思えた。
ところが俺の隣に住む住人の部屋から女性の声が聞こえました。
「本当に古いアパートなんだね。」これはエロ動画ではなくリアルな声。しかも、部屋に入りその様子も分かるかのように声が聞こえていました。最初は2人で仲良くテレビを観ているなと思っていましたがだんだん女性のいやらしい声。「あっ、恥ずかしい。」そんな声に対して壁に耳を当てて聞いてしまう俺。その声に対して俺の手はあそこ。もう興奮しっぱなし。そして、エッチな声はさらに響き彼女がイッた時に俺もイッてしまいました。その声のせいで俺はある事に対してやりたい気持ちが強くなりました。俺の彼女も家に呼んで喘ぎ声を隣人に聞かせてやりたい。きっと俺みたいなことをするだろう思いました。
後日、彼女に初めてアパートに呼びました。古いアパートに驚きながらも予定通り俺のキスに答えてくれる。時間はお昼前。まだ隣人は家にいるはず。俺は彼女には悪いけれど隣人が耳を傾けているのを想像しながら楽しもうと思います。
相互オナニー
センズリ ナンパ